前回の記事で、読者の方からリクエストがありましたので、書かせて頂きます。

霊の憑きやすい人というのは、よく霊感があるとか、情が深いと憑きやすいというようなことも言われていますが、そうでもありません。

生まれもった体質みたいなところが一番大きいです。

ですが、そういう体質を持って生まれたからといって、一生霊に付き纏われる訳ではないのでご安心下さい。

ただ、本能的にそういう場所を好む傾向があるので、嗜好を変えていくことは必要になるかもしれません。

また、環境を陽気に変えていくことで、年を重ねるごとに、緩和していくことも多いです。

気性が明るい性質だと、家系的に霊の憑きやすい体質で生まれてきても、年をとっていくごとに、そういうこととは無縁になっていきます。

霊の憑きやすい人の性質

⚫︎子供の頃から霊に敏感

⚫︎暗くて湿気の多い場所が落ち着く

⚫︎筋肉量が少ない

⚫︎覇気がない

⚫︎人と関わることがない

⚫︎依存心が強く自立できない




このタイプの感じに憑く霊は、そんなに強い霊ではないので、比較的祓うのは簡単です。

ただ、本人が本能的に手放さないことの方が深刻です。

孤独感からなのか、また同じことを繰り返すような傾向がありますので、前を向くことが大切です。

強い霊が憑きやすい人

⚫︎熱量が多く欲が深い

⚫︎人から怨みをかっている

⚫︎すぐにキレる

⚫︎業が深くご先祖様の供養ができていない

⚫︎人を傷つけている

⚫︎異性関係にだらしない




これらの条件が揃うと、悪霊に取り憑かれやすくなります。

行いを悔い改めないと、怨みをもっている霊に狙われたり、強い念を引き寄せます。

欲の強い人ほど、強い霊を引き寄せるので、様々な清算が必要です。

特に異性関係において、傷つけた相手がいるのであれば、しっかりと向き合い謝ることが必要かもしれません。

恋愛関係における怨みは、相手が今幸せでないと、気運がどんどん落ちていきます。

傷つけた分だけのしかかってきます。

その念は執着のある霊と同調しますので、あらゆる不運を招き、身近な人にまで影響します。

別れ方は大切です。




怖かった方…すみません。

何か曰く付きの場所や物には注意は必要ですが、普通に暮らしていれば、そんなに霊に取り憑かれるようなことはありません。

ただ、近くいるようなことはあるかもしれませんが、悪さをしない霊は、そっとしておいてあげて下さい。

気がつくと、その場所に戻ってきてしまうので。

生きている人も魂

お彼岸の入りになりました。

亡くなった魂を悼んであげて下さい。




スピリチュアル カウンセラー

神谷 奈月


人気ブログランキング

何か感じることがありましたら、上の画像をクリックして頂けますと幸いです。