私のサイトでは、主に良縁である魂の繋がりをソウルメイトとして記事に致しましたが、ソウルメイトは魂の繋がりがある相手を指しますので、中には悪因縁のある繋がりもあります。

カルマ(悪因縁をカルマといいます)で繋がっている魂をカルマメイト、または悪縁のソウルメイトといいます。

カルマメイトとは、初めから悪因縁で結びつく関係です。

悪縁のソウルメイトとは、良縁で繋がったソウルメイトが何らかの因果関係によって、悪因縁となってしまった場合を指しています。

カルマメイトの特徴

⚫︎相手に対しての執着や依存が強い

⚫︎離れたいのに離れることができない

⚫︎どちらかが一方的に必要以上に寄りかかる関係性

⚫︎お互いのエゴがぶつかる

⚫︎前に進もうとした時に引っ張られる

⚫︎他の人間関係が切れていく

⚫︎怒りや嫉妬などの感情が込み上げる

⚫︎関係性が長くなるにつれて離れられないと錯覚する

⚫︎自分と向き合わなくなり、相手を振り回してしまう

⚫︎疲れやすくなり、気力が出なくなる

⚫︎相手を自分の思うようにコントロールしようとする

など…どちらか一方、または双方がそのような状態になってしまう関係性です。

片側が先に認識した場合は、相手が上記のような状態になっており、自分自身はそうではないと思うかもしれません。

ただ、しっかり自分と向き合い、何故切れないのかを考えた時に、自分にも切れない何らかの欲求があることに気づくことができます。

そういったカルマを解消することが今世における課題となります。

スピリチュアル カウンセラー

神谷 奈月